美白成分には色いろある

美白成分には様々な成分があります。
最近有名なのはハイドロキノンです。
肌の漂白剤と言われるほど、美白作用があります。しかし、刺激が強すぎるというデメリットもあります。

以前から知られているものではコウジ酸があります。
コウジ酸は日本人に相性の良い成分と言われています。
それは、日本人が昔から味噌や醤油といった麹によって醸造されたものを摂取し続けているため、コウジ酸に対しての親和性があるからのようです。
コウジ酸は一時的には安全性が問題になり、使用されることが減っていましたが、現在では安全管理が徹底されているため、問題なく利用できるようになっています。

他にはビタミンC誘導体があります。
ビタミンCは美白作用がある成分です。
しかし、ビタミンCは水溶性であるため、人の肌には浸透しにくいのです。
いくら美白作用があっても肌に浸透しなければ意味がありません。
それでビタミンCを誘導体にすることで、肌に浸透しやすくしています。
また、ビタミンCには抗酸化作用があり、エイジングケアも来されます。

おすすめの美白美容液についてはこちらが参考になります。
http://xn--t8j4aa4no14s0swaf4mr8qba.com/
チェックしてみてください。

このブログ記事について

このページは、投稿が2015年4月19日 16:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「暑いときには頭皮ケアが大切」です。

次のブログ記事は「バストの悩み」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。